信楽焼

窯町 のコピー

町全景A

信楽は、工芸工科によると鎌倉時代中期に始まったと言われています。水瓶、種壺、茶壺、茶器、徳利、火鉢、植木鉢など大物から小物に至るまでの幅広い製品群があり、信楽焼独特の「わび」「さび」を残しながら今日に至っています。
古代日本の歴史からみると、信楽は朝鮮文化の影響を受けて、日本文化の中心として栄えてきた近畿地方の中心にあり、古代の主要道となっていたことや焼物に適した土がたくさんあったことから、当時の天皇が宮を造営するには理想的な土地だったのです。(参考までに、現在奈良にある大仏は当初信楽に建立される計画でした。
時代別では、室町時代、安土・桃山時代には茶陶が盛んになり、さらに江戸時代になると茶壺の生産が盛んとなり、商業の発達に伴い、日用の雑貨類(梅壺、味噌壺、徳利、土鍋等)が造られるようになりました。明治時代に入ると、釉薬が研究され火鉢生産が盛んになり、昭和30年代前半まで産地の主製品(日本国内シェアの約80%)でした。
近年は、傘立、タイル、庭園用品(テーブルセット、燈籠、照明具)、食器、置物など多様な製品が生産されています。中でも「狸」の置物は信楽の代名詞となるほど有名です。
このように、信楽焼は伝統ある古い歴史をもち、昭和51年には国より伝統工芸品として指定され、信楽は陶器の町として広く全国に知れ渡るところとなりました。